メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アメリカンフットボール

悪質タックル 元東京地検公安部検事の落合洋司弁護士、遠藤俊郎・山梨学院大教授の話

強い主従関係明らか 元東京地検公安部検事の落合洋司弁護士の話

 陳述書を見ると、監督やコーチが傷害罪の共犯に問われる可能性は十分ある。選手の話だけで事実の認定はできないが、監督やコーチに逆らえない強い主従関係があったことは明らかだろう。監督が試合後も選手をとがめていない点からも問題のタックルを肯定して…

この記事は有料記事です。

残り216文字(全文366文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 堀ちえみさん、11時間にわたるがんの手術終わる 夫がブログで報告
  2. ORICON NEWS 堀ちえみ『金スマ』で涙の告白 当初は緩和ケア望むも、娘の一言でがん闘病決意
  3. 落語家の笑福亭松之助さんが死去、93歳 明石家さんまさんの師匠
  4. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  5. 明石家さんま 又吉直樹脚本で結婚と離婚をドラマ化 大竹しのぶ役は剛力彩芽 さんま役は斎藤工

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです