メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京大

再生医療用のES細胞、国内初の作製 7月にも提供

 京都大は22日、再生医療に使うヒトES細胞(胚性幹細胞)を国内で初めて作製したと発表した。早ければ7月から国内の医療機関などに提供を始める。ES細胞はiPS細胞(人工多能性幹細胞)と同じく体のさまざまな組織に分化できる万能細胞で、臨床応用が期待される。

 ES細胞は受精卵を壊して作る倫理的問題が指摘され、国は基礎研究に利用を限定。臨床応用はiPS細胞が先行していた。一方、海外では再生医療へのES細胞の活用が進み、国は2014年に新指針を作り、安全性を向上させた医療用細胞の作製を認めた。

 京都大は昨年3月、医療用ES細胞の作製計画を国に申請。京都市の「足立病院」と提携し、不妊治療で使わ…

この記事は有料記事です。

残り339文字(全文634文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  5. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです