メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

自動車追加関税検討 輸入急増、安保上の脅威調査 政権発表

 【ワシントン清水憲司】トランプ米政権は23日、自動車・同部品の輸入急増が「国家安全保障上の脅威」になる可能性があるとして、米通商拡大法232条に基づく調査に着手すると発表した。3月には同法に基づき鉄鋼・アルミニウム製品に追加関税を課しており、自動車についても同様に判断すれば、追加関税などの輸入制限を発動する恐れがある。米メディアによると、乗用車への関税を25%引き上げる検討もしているという。発動されれば、自動車の対米輸出が多い日本や欧州にとって影響は大きく、激しい貿易紛争に発展する可能性が高い。

 調査対象は、乗用車のほか、スポーツタイプ多目的車(SUV)やトラック、バンなどの大型車、自動車部品…

この記事は有料記事です。

残り690文字(全文991文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 日本テレビ イッテQ疑惑で大久保社長謝罪 祭り企画休止
  3. 日本テレビ イッテQやらせ疑惑で不適切演出認める
  4. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  5. 国会 「通告ないと答えられない」 目立つ首相の消極姿勢

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです