メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうすれば安全安心

「アルコールアレルギー」対策は 皮膚検査などで体質知って

 ビアガーデンでの宴席などが増える季節になった。できれば楽しく飲みたいが、年齢を重ねるにつれ、飲酒がつらくなったり、体のかゆみや息苦しさを覚えたりする人もいるようだ。「アルコールアレルギー」とも称されるさまざまな症状に詳しい2人の専門家に、原因や対策などを聞いた。【鈴木美穂】

加齢に伴い突然発症も/種類ではなく量が関係/原料や添加物が影響も

 お酒を飲んだ後、顔が赤くなったり、じんましんができたり、呼吸が苦しくなったりした経験はないだろうか。ある年齢から「飲むこと自体がきつくなってきた」という人もいるかもしれない。お酒の強さは遺伝的背景が大きく、それが「酵素」の働きの違いからくることは知られている。復習の意味も込めて、アルコール(エタノール)が体内で分解される際のメカニズムを専門家に解説してもらった。

 まずは、用賀アレルギークリニック(東京都世田谷区)の永倉俊和院長。アレルギーに関し、数多くの本を著…

この記事は有料記事です。

残り2007文字(全文2410文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 黒部ダムカレー 愛され10年 年間5.7万食売り上げ
  2. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  3. クックパッドニュース [作ってみた]話題の「ダムカレー」は〇〇を使えば簡単にできた!!
  4. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  5. 国会 「通告ないと答えられない」 目立つ首相の消極姿勢

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです