メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうすれば安全安心

「アルコールアレルギー」対策は 皮膚検査などで体質知って

 ビアガーデンでの宴席などが増える季節になった。できれば楽しく飲みたいが、年齢を重ねるにつれ、飲酒がつらくなったり、体のかゆみや息苦しさを覚えたりする人もいるようだ。「アルコールアレルギー」とも称されるさまざまな症状に詳しい2人の専門家に、原因や対策などを聞いた。【鈴木美穂】

加齢に伴い突然発症も/種類ではなく量が関係/原料や添加物が影響も

 お酒を飲んだ後、顔が赤くなったり、じんましんができたり、呼吸が苦しくなったりした経験はないだろうか。ある年齢から「飲むこと自体がきつくなってきた」という人もいるかもしれない。お酒の強さは遺伝的背景が大きく、それが「酵素」の働きの違いからくることは知られている。復習の意味も込めて、アルコール(エタノール)が体内で分解される際のメカニズムを専門家に解説してもらった。

 まずは、用賀アレルギークリニック(東京都世田谷区)の永倉俊和院長。アレルギーに関し、数多くの本を著…

この記事は有料記事です。

残り2007文字(全文2410文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大迫のツイッター批判受け、陸連が規定変更を検討 日本選手権後
  2. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  3. 現場から逃げた男、熊本県内で身柄確保 鹿児島の中学生襲った容疑者か
  4. 世界の雑記帳 直立したマウンテンゴリラが飼育員の自撮りに納まる、コンゴで
  5. 東京・池袋の暴走 「さん」付け/元院長/匿名… 新聞社、呼称対応分かれ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです