メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 言葉が自由に出ない歌手のつらさは、いかばかりだったか。

 テレビで見た西城秀樹さんのリハビリの映像に胸が熱くなった。「頑張っている姿を見てもらうことが僕の使命」。2度の脳梗塞(こうそく)を経験しても前を向き続けた。

 駅の切符自動販売機の前で、不安そうに立ち尽くす人を時々見かける。目指す駅を誰かに尋ねたくても尋ねられない。言葉が出ないからだ。

 病気やけがで脳の言語機能に障害が出る失語症。全国に30万~50万人いると推定されている。東京五輪・…

この記事は有料記事です。

残り661文字(全文882文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安彦良和 70歳の“最後の新連載”「乾と巽」が「アフタヌーン」でスタート 
  2. 所ジョージ 「夏に胆のう摘出手術」 新番組で記者会見
  3. 新潮社 「あのヘイト本」Yonda? 看板に落書き
  4. 貿易制裁 第3弾、消費者直撃 米家電、中国部品に依存
  5. 核兵器廃絶 吉永小百合さん「核兵器のこと考えて」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです