メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 言葉が自由に出ない歌手のつらさは、いかばかりだったか。

 テレビで見た西城秀樹さんのリハビリの映像に胸が熱くなった。「頑張っている姿を見てもらうことが僕の使命」。2度の脳梗塞(こうそく)を経験しても前を向き続けた。

 駅の切符自動販売機の前で、不安そうに立ち尽くす人を時々見かける。目指す駅を誰かに尋ねたくても尋ねられない。言葉が出ないからだ。

 病気やけがで脳の言語機能に障害が出る失語症。全国に30万~50万人いると推定されている。東京五輪・…

この記事は有料記事です。

残り661文字(全文882文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 順天堂大も入試不正 言い訳の非常識さに驚く
  2. ふるさと納税、偽サイト乱立 大幅「割引」うたい返礼品届かず 福岡県警が捜査
  3. ORICON NEWS 2018年 今年の漢字は「災」に決まる  “平成最後”過去23年間分も紹介&解説
  4. ふるさと納税 印西市の返礼品、地酒除外なぜ? 神崎の酒蔵に委託、地場産認められず /千葉
  5. ミナミ拠点の半グレ集団「アビス」リーダーら数十人逮捕 傷害容疑など

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです