メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 子どものキラキラネームが止まらない。

 何のこと? といぶかる方に私なりに説明すると、「子どもに命名する際、まず読み方を決め、それに漢字を当てはめる。漢字読みの一部だけを使うこともある」。

 例えば、紗音瑠(シャネル)。以下、聞いて唖然(あぜん)とした順に並べてみる。

 踏地、星知、玲央音、史愛世(読み方=ダイチ、セシル、レオン、シアワセ)。創作菓子かと見まがうばかりだ。

 キラキラネームの元祖は森鴎外(1862-1922)だといわれる。

この記事は有料記事です。

残り924文字(全文1142文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国 ガガさん「大統領、少しは加州の人に思いを」と批判
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 特集ワイド 安田純平さん シリア拘束で「無期懲役の恐怖」 自分の人生、変えていきたい
  4. アムネスティ スーチー氏に授与した人権賞撤回
  5. 大相撲 終始無言の稀勢の里、歴史的な3連敗で大きな窮地

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです