メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特定秘密取り扱い

資格者急増12万人 漏えいリスク懸念

衆院情報監視審査会で質問に答える(左から)植松信一・前内閣情報官、日本大の小谷賢教授、専修大の山田健太教授=国会内で21日、川田雅浩撮影

 安全保障に関する重要情報を漏らした人に厳罰を科す特定秘密保護法に基づいて、「適性評価」と呼ばれる身辺調査を受け、特定秘密を取り扱う資格を持った人が約12万4000人になったことを政府が明らかにした。制度開始直後の2015年末に比べ約2万8000人(約29%)増え、防衛省は職員の約4割になった。借金や病気の有無、家族の国籍を調査するため、資格取得者が増えればプライバシーの侵害や、漏えいリスクの増大が懸念されそうだ。【青島顕】

この記事は有料記事です。

残り2520文字(全文2734文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. シンポジウム 戸田恵子さん 認知症だった母の介護語る
  2. 所ジョージ 「夏に胆のう摘出手術」 新番組で記者会見
  3. 暴虐の傷痕 イラク・IS後/2 「子守る」性奴隷耐え
  4. 安彦良和 70歳の“最後の新連載”「乾と巽」が「アフタヌーン」でスタート 
  5. WEB CARTOP 海外で言うと恥ずかしい!? 日本車のおかしな車名3選

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです