メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メディア時評

「在日」と板門店宣言=樫村愛子・愛知大教授

 朝鮮半島の非核化を南北首脳が確認した「板門店(パンムンジョム)宣言」を受け、毎日新聞4月28日朝刊は「描く祖国の未来 在日詩人感涙」の記事で奈良県生駒市の詩人、金時鐘(キムシジョン)さん(89)ら在日韓国・朝鮮の人々を取り上げ、心から歓迎する声を紹介した。この問題を在日の人々の目を通して見ようとするメディアの観点は、とても重要である。二つの国家の存在による分断は、在日の社会や家族の中にもあるからだ。

 金さんは、済州(チェジュ)島で1948年4月3日、南北分断を固定化する南側の単独選挙に島民が反対し…

この記事は有料記事です。

残り594文字(全文846文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  2. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  3. クローズアップ2017 特養、受け入れ敬遠 国の制限「意味ない」
  4. 6さいからのニュース シャンシャンおやばなれへ
  5. 老老介護 低所得ほど長時間 国立長寿医療研調査、情報不足や孤立の恐れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです