メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

財政審

増税など歳入措置を 歳出抑制不調なら 建議提出

 財政制度等審議会は23日、政府の新たな財政健全化計画に関する建議(意見書)を麻生太郎財務相に提出した。焦点の基礎的財政収支は「遅くとも2025年度までに黒字を安定的に確保する」よう要請。社会保障費の伸びを抑える目安をはじめ、19~21年度の主要歳出水準に規律を設けて改革を進め、不調に終われば増税など「歳出・歳入両面の追加措置」を検討する仕組みを提言した。

 政府内の異論から、6月策定の「骨太の方針」に盛り込む財政計画は歳出抑制の数値目標を明示しない方向だ…

この記事は有料記事です。

残り251文字(全文480文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プロ野球 セ・リーグ全日程終了危機 阪神残りは18試合
  2. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  3. 日本維新の会 創始者・橋下氏が新著「維新、失敗だった」
  4. 絶滅危惧種 大阪湾で「アカメ」捕獲
  5. 自民総裁選 じわり広がる不満、圧勝逃す 「安倍1強」転換点

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです