メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

幻の科学技術立国

第1部 「改革」の果てに/番外編 識者インタビュー 山極・京都大学長/上山・元政策研究大学院大副学長

山極寿一氏=阿部周一撮影

 <科学の森>

 第1部では、日本の研究現場の疲弊と、国が進める「改革」が落とした影を報告した。研究力衰退の要因は何か。回復への道筋は。大学の基盤的経費を増やすよう求める山極寿一・京都大学長と、民間資金に活路を見いだすべきだと主張する上山隆大・元政策研究大学院大副学長に聞いた。【聞き手・阿部周一】

効率化優先、現場は疲弊 山極寿一・京都大学長

 --日本の研究力の現状をどうみますか。

 中国などが力をつける中、相対的に衰えているのは明らかだ。原因は研究者数と研究時間の減少に尽きる。研…

この記事は有料記事です。

残り2157文字(全文2397文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者不明 「皇太子命令取り違え、将軍が殺害で収拾」報道
  2. サウジ政府 「記者が死亡」公式に認める 18人を拘束
  3. 大相撲 日馬暴力事件 白鵬が聴取に「愛のムチ」発言(スポニチ)
  4. 初公開 長男亡くした悲しみ 中原中也直筆の喪中はがき
  5. 大塚家具 8割引きセールも…経営再建が難航、窮地に 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです