メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今どきサイエンス

変わる質量の定義=鴨志田公男

 5月20日は世界計量記念日だった。メートル(長さ)やキログラム(質量)など度量衡の世界統一を目指したメートル条約が、1875年のこの日に成立したからだ。

 そして来年の記念日に、条約に基づく質量の定義が130年ぶりに変わる。現在は、パリ郊外の条約事務局「国際度量衡局」が保管する国際キログラム原器の質量を1キログラムと定義している。ところが、新定義では、原器が不要になるという。定義改定に貢献した産業技術総合研究所(茨城県つくば市)を訪ねた。

 藤井賢一・首席研究員が案内してくれたのが、とある金庫室。鉄扉や鉄格子を開けてたどりついたガラス容器…

この記事は有料記事です。

残り850文字(全文1121文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 殺人 「闇ウェブ」専門家刺され死亡 福岡繁華街、男出頭
  2. 質問なるほドリ 闇ウェブって何なの? 通信内容を暗号化 発信者の特定困難=回答・岡礼子
  3. サッカー日本代表 セネガルと引き分け 勝ち点4に
  4. サッカー日本代表 「西野監督ごめんなさい」ネットに続々
  5. トランプ氏 「日本で私は英雄」米テレビで主張

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]