メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今どきサイエンス

変わる質量の定義=鴨志田公男

 5月20日は世界計量記念日だった。メートル(長さ)やキログラム(質量)など度量衡の世界統一を目指したメートル条約が、1875年のこの日に成立したからだ。

 そして来年の記念日に、条約に基づく質量の定義が130年ぶりに変わる。現在は、パリ郊外の条約事務局「国際度量衡局」が保管する国際キログラム原器の質量を1キログラムと定義している。ところが、新定義では、原器が不要になるという。定義改定に貢献した産業技術総合研究所(茨城県つくば市)を訪ねた。

 藤井賢一・首席研究員が案内してくれたのが、とある金庫室。鉄扉や鉄格子を開けてたどりついたガラス容器…

この記事は有料記事です。

残り850文字(全文1121文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  2. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  3. クローズアップ2017 特養、受け入れ敬遠 国の制限「意味ない」
  4. 6さいからのニュース シャンシャンおやばなれへ
  5. 老老介護 低所得ほど長時間 国立長寿医療研調査、情報不足や孤立の恐れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです