メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今どきサイエンス

変わる質量の定義=鴨志田公男

 5月20日は世界計量記念日だった。メートル(長さ)やキログラム(質量)など度量衡の世界統一を目指したメートル条約が、1875年のこの日に成立したからだ。

 そして来年の記念日に、条約に基づく質量の定義が130年ぶりに変わる。現在は、パリ郊外の条約事務局「国際度量衡局」が保管する国際キログラム原器の質量を1キログラムと定義している。ところが、新定義では、原器が不要になるという。定義改定に貢献した産業技術総合研究所(茨城県つくば市)を訪ねた。

 藤井賢一・首席研究員が案内してくれたのが、とある金庫室。鉄扉や鉄格子を開けてたどりついたガラス容器…

この記事は有料記事です。

残り850文字(全文1121文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 じわり広がる不満、圧勝逃す 「安倍1強」転換点
  2. 自民総裁選 伸びぬ党員票「打ち上げではない。反省会だ」
  3. プロ野球 セ・リーグ全日程終了危機 阪神残りは18試合
  4. アップル 「iPhone」 XSと最上位機種Max発売
  5. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです