メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

囲碁

第73期本因坊戦 第2局 地の文裕、中央の山下

対局開始を待つ本因坊文裕(手前左)と挑戦者の山下敬吾九段。少し離れて立会人らが見守った=京都市中京区の二条城で2018年5月23日午前8時52分、川平愛撮影

 <大和証券>

 <先番・本因坊文裕-山下敬吾九段>

 京都市中京区の世界遺産・二条城で23日始まった本因坊文裕(もんゆう)(28)=井山裕太九段=と挑戦者・山下敬吾九段(39)の第73期本因坊決定戦七番勝負第2局(毎日新聞社、日本棋院、関西棋院主催、京都市共催、大和証券グループ協賛)は、午後5時6分、文裕が53手目を封じて1日目を終えた。持ち時間各8時間のうち消費時間は文裕3時間35分、山下3時間23分。24日午前9時に対局を再開する。

 文裕は7連覇を、山下は3度目の本因坊獲得を目指すシリーズ。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夫「大切な2人失ってつらい」 池袋暴走、母娘の告別式
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  4. トヨタ、マークXの生産終了へ 「マーク2」以来50年超の歴史に幕
  5. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです