メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲

静かに主役の座を狙う横綱・鶴竜

鶴竜(奥)がはたき込みで御嶽海を降す=東京・両国国技館で2018年5月23日、玉城達郎撮影

 大相撲夏場所11日目の23日、横綱・鶴竜が難敵の御嶽海を土俵際の粘りで退け、賜杯争いに踏みとどまった。

 前日は立ち合いの変化で白星を手にしたものの、館内からは大ブーイング。「これなら負けた方が良かった。良い流れを台無しにした」とまで語るほど落ち込んだが、懸命に気持ちを立て直した。

 御嶽海とは過去1年間は2戦2敗。通算でも3勝3敗と合口は良くなかった。意を決したように立ち合いから…

この記事は有料記事です。

残り287文字(全文478文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  2. ふるさと納税 過度な返礼品大幅減 来年度から制度外に
  3. フィギュアGP 羽生SP首位、世界最高得点で ロシア杯
  4. 東アジアサミット 南シナ海 米、妥協せず 副大統領、中国領土拡張「違法」
  5. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです