メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はしか

7日間、新たな患者なし 旅行中止は5000人超 /沖縄

 沖縄県保健医療部は23日、新たな麻疹(はしか)患者は確認されなかったと発表した。16~22日の7日連続で患者が出ていない。県内で4年ぶりの感染が3月下旬に確認されてから患者は計99人で、そのうち97人は回復したとみられる。

     はしかは潜伏期間が10~14日ほどと長く、感染が確認されるまでさらに数日かかる。ゴールデンウイーク中の影響について、同部の糸数公保健衛生統括監は「新たなウイルスが持ち込まれて感染拡大しないかと警戒していたが、そうはならなかった」との認識を示した。

     4月1日~5月21日までに県内の薬品卸業者から医療機関などに出されたワクチンは約6万本。県内の薬品卸業者が抱えているワクチンの在庫は、21日時点で約1万3500本。

     県観光振興課によると、はしかが理由とみられる旅行のキャンセル数は23日時点で5450人になった。

    (琉球新報)

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 焦点・働き方改革 首都圏・総合病院の医師悲痛 当直明けも分刻み 「長時間労働、野放し状態」
    2. 将棋 藤井七段、王座戦タイトル初挑戦まであと2勝
    3. 「18歳成人」に思う 性別変更、慎重に判断して タレント・KABA.ちゃん(49)
    4. 殺人 自殺装い弟殺害容疑 多額の保険、姉逮捕 堺
    5. クローズアップ2018 違法塀「人災」濃厚 認識に甘さ、命守れず

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]