メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲夏場所

大鵬の孫、納谷が初黒星 連勝12で止まり序二段優勝の可能性消える(スポニチ)

大相撲夏場所11日目(2018年5月24日 両国国技館)

 元横綱・大鵬の孫で東序二段11枚目の納谷がプロ初黒星を喫した。

     6番相撲で東三段目85枚目の佐藤山と対戦。突っ張って土俵際まで攻め込んだが、右を差されて体を入れ替えられ、寄り倒された。序二段優勝の可能性も消えた。形勢逆転を許した場面については「脇が甘いのが一番」と敗因を口にした。序ノ口デビューからの連勝が12で止まったことには「別に深く考えない。あと一番あるので、しっかり立て直したい」と話した。(スポニチ)

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
    2. 障害者雇用水増し 「名前貸して」元横浜家裁職員が証言
    3. 女子テニス 大坂ウイルス性の病気のため武漢オープン欠場
    4. 海賊 ソマリア沖で商船襲撃相次ぐ 干ばつや飢饉が影響か
    5. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです