メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲夏場所

無敗の栃ノ心、12日目に白鵬戦 25戦全敗「気合入ります」(スポニチ)

大相撲夏場所11日目(2018年5月24日 両国国技館)

 栃ノ心が琴奨菊を力強い上手投げで転がし11連勝。単独トップのまま、12日目の結びで、1差の白鵬との対戦が組まれた。

     08年九州場所での初顔以来、25戦全敗という天敵中の天敵。大関昇進は濃厚で、重圧からは解放された。苦い過去を払しょくするには最高のタイミング。「気合入ります。やってやろうという気持ち」。白鵬の休場などもあり、対戦は昨年7月の名古屋場所が最後。優勝を占う大一番で、成長した姿を見せるチャンスだ。八角理事長(元横綱・北勝海)も「(白鵬が)上手をとられたら簡単にはいかない」と栃ノ心にもチャンスありとみる。

     3場所計35勝は貴乃花、白鵬の大関昇進時と並ぶ好成績。次のターゲットは2度目の賜杯と、白鵬戦の勝利だ。(スポニチ)

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
    2. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴
    3. BTS 絶叫、すすり泣き…騒動の渦中、コンサートでは何が 会場外ではファン批判演説
    4. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
    5. ライフスタイル 仕事がデキる人はもれなく「習慣の奴隷」である ──『天才たちの日課』(GetNavi web)

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです