メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

大変革期、危機感にじむトヨタ 「車選び」変化に対応急務=小倉祥徳(中部報道センター)

2018年3月期決算の発表記者会見で、記者らの質問に答える豊田章男社長(右)=東京都文京区で9日、佐々木順一撮影

 トヨタ自動車の2018年3月期連結決算は、最終(当期)利益が2兆4939億円となり、日本企業としての過去最高益を更新した。だが、次世代自動車の開発を巡って業種を超えた世界的な競争が激化している。トヨタの将来への危機感は強く、他社との提携強化や社内の意識改革などに挑み始めているが、ユーザーの「車選び」の変化に対応できるかが最重要だ。不十分なら、日本を代表する巨大企業でも「100年に1度」の大変革期を生き残るのは簡単ではないと感じている。

この記事は有料記事です。

残り1829文字(全文2049文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 衆院内閣委 桜田氏、サイバー担当でもパソコン使わず
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. NHK紅白 サチモスなど7組初出場 TOKIO選ばれず
  5. 熱血!与良政談 改革後19年の惨状=与良正男

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです