メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

大変革期、危機感にじむトヨタ 「車選び」変化に対応急務=小倉祥徳(中部報道センター)

2018年3月期決算の発表記者会見で、記者らの質問に答える豊田章男社長(右)=東京都文京区で9日、佐々木順一撮影

 トヨタ自動車の2018年3月期連結決算は、最終(当期)利益が2兆4939億円となり、日本企業としての過去最高益を更新した。だが、次世代自動車の開発を巡って業種を超えた世界的な競争が激化している。トヨタの将来への危機感は強く、他社との提携強化や社内の意識改革などに挑み始めているが、ユーザーの「車選び」の変化に対応できるかが最重要だ。不十分なら、日本を代表する巨大企業でも「100年に1度」の大変革期を生き残るのは簡単ではないと感じている。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問なるほドリ 「カサンドラ症候群」って? 意図伝わらぬ障害の相手に苦悩 心身に不調=回答・野村房代
  2. 猛吹雪「ホワイトアウト」で家見えず 自宅数十センチ手前で凍死 北海道当別町
  3. 南アフリカ 航空機の車輪格納部から遺体 密入国か
  4. 「世界中の労働者の敵」ゴーン被告、リストラ断行の仏でも怒りの声
  5. 世界の雑記帳 米ユナイテッド航空機内で子犬死ぬ、座席上の棚に収納指示され

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです