メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 若い人の暗い顔を見るのはつらいものだ。

 超満員の記者会見場で、20歳の学生は目を伏せて語り続けた。アメリカンフットボールの試合中、反則のタックルをして関西学院大の選手を負傷させた日本大の選手だ。

 退場を命じられた後、事の重大さに気付いて泣いた。悪質とはいえ監督やコーチの言葉に追い込まれての行為だろう。あえて名前と顔をさらした会見にスポーツマンシップを感じ、わずかな救いを覚える。でもアメフットってこんなに暗いスポーツだっけ……。

 思い出したのは京都大のチーム(ギャングスターズ)だ。4度も日本一に輝くことになるチームを取材したの…

この記事は有料記事です。

残り714文字(全文980文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アジア大会 バスケ4選手が買春か JOC処分、帰国の途
  2. アジア大会 「買春、浮ついた気持ちで」バスケ4選手謝罪
  3. ORICON NEWS 『銀魂』9月15日発売の『週刊少年ジャンプ』で完結 作者の初連載作品15年の歴史に幕
  4. 競泳 二枚看板沈む 萩野銀、瀬戸銅 400個人メドレー
  5. 夏の高校野球 秋田県内が「金農フィーバー」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです