メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新財政健全化計画

3指標で評価 甘めに設定へ

 政府は6月に策定する新たな財政健全化計画で、計画の進捗(しんちょく)状況を評価する中間目標として三つの指標を設定する方針を固めた。従来計画の中間目標の指標は一つだったが、これを拡充する。経済成長や将来の金利上昇などに目配りする狙いだが、目標は甘めの設定になる見通しで、財政規律が緩む恐れもある。

 新たな健全化計画では2025年度に基礎的財政収支(プライマリーバランス=PB)の黒字化を目指すことを盛り込む方針。21年度に中間的な目標を設定し、計画の進捗状況を検証する。

 中間目標では(1)国と地方の債務残高の国内総生産(GDP)比を180%台前半(2)PB赤字のGDP…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  2. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  3. ORICON NEWS 中居正広、3年半ぶり『ワイドナショー』出演 松本人志「変な感じ」
  4. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  5. 「4回転半は試合で飛ばないと意味ない」羽生結弦の一問一答(下)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです