メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

車追加関税 中間選挙へ「成果」急ぐ 日本、対応に苦慮

 トランプ米政権が自動車や自動車部品の輸入制限の検討を打ち出したことで、日本政府内や自動車業界に衝撃が走った。主力産業の自動車に対し、最大の輸出先である米国で高関税をかけられれば、日本の産業界への影響は大きい。日本政府は国際ルールを守るよう米政府に訴える方針だが、トランプ氏は中間選挙を前に貿易赤字削減などの成果を得ようと圧力を強めており、日本は難しい対応を迫られそうだ。【安藤大介、和田憲二、柳沢亮】

 「米自動車業界の労働者にとって、まもなく大ニュースがあるだろう」。トランプ氏は23日、米通商拡大法…

この記事は有料記事です。

残り903文字(全文1154文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  2. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  3. 防衛省 自衛官定年延長へ 少子化で応募減 年内に決定
  4. 徳島・三好市長 赤旗コラム盗用 市報に掲載
  5. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです