メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成の記憶

記者の記録 現実と仮想の境喪失 「なぜ」残る不可解さ

地下鉄サリン事件で、地下鉄日比谷線八丁堀駅から救出され路上で手当てを受ける被害者たち=本社ヘリから山下浩一撮影

 年号が変わっても、すぐ人の心が変わるわけでない。社会は少しずつ変化、変容していく。ただ、平成期に起きた凶悪事件を振り返ったとき、前の時代とは違った印象を受ける。理解不能なのだ。想像をはるかに超えた凶悪さがある。それはインターネットの影響なのか、地域や家族の結び付きが薄れたせいなのか。答えは誰にもわからない。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 城に県庁鎮座は「ひんしゅく」 福井県で議論へ
  2. 平成最後のお年玉 年賀はがき当選番号が決定
  3. 民主ペロシ氏「話にならない」 トランプ氏「重要発表」提案に
  4. ORICON NEWS 安室奈美恵さん、引退決断した理由語る 7年前に声帯壊し「限界なのかな」と不安も
  5. ORICON NEWS 51回目『ミス日本』は21歳東大生 度會亜衣子さんがGP

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです