メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

主食のご飯やパン以外にも、おかずや菓子類など非常食の種類は増えている=東京都渋谷区の東急ハンズ新宿店で2018年5月17日、藤渕志保撮影

 東日本大震災のような大災害に備える非常食が進化を続けている。栄養バランスやアレルギーに配慮した健康志向型の食品のほか、食べ方や味わいに一工夫を加えた新商品が続々と登場。非常食の最新事情を調べるとともに、専門家にアドバイスを聞いた。

 ●塩分過多防げ

 「災害時もバランスの良い食事は欠かせません」。今年4月に国立健康・栄養研究所で発足した国際災害栄養研究室。笠岡宜代室長(専門は栄養学)は日常生活だけでなく、災害時も栄養バランスに配慮した食事の重要性を説く。

 避難先ではおにぎりや菓子パン、カップ麺など、炭水化物や塩分の多い食事に偏りがちだ。十分な食料を確保…

この記事は有料記事です。

残り1269文字(全文1547文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 香港 高速鉄道、例外的な法律適用 中国の影響懸念
  2. 2019年のGW 10連休が浮き彫りにする労働格差
  3. 障害者雇用水増し 93%は障害者手帳や診断書なし
  4. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す
  5. 訃報 清水栄馬さん94歳=タレント清水国明さんの父

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです