メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

防災なるほドリ

最近の非常食の特徴は?=回答・藤渕志保

アレルギー対策を意識した商品やハラール対応も

 なるほドリ おいしそうな非常食が増えたね。

 記者 かつては乾パンやクラッカーなど、味より保存期間を重視したものが多く、「味気ない」などの不満が出ていました。しかし、阪神大震災や東日本大震災などを経て、さまざまな工夫をこらした非常食が登場。防災専門家らでつくる「日本災害食学会」は栄養や味、色合いに配慮し、普段の食事に近い「災害食」の…

この記事は有料記事です。

残り284文字(全文473文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 あの尾畠さん、今度は広島のボランティアに
  2. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  3. 日大チア 監督「退部許さぬ」 女子部員「自殺考えた」
  4. アジア大会 競泳表彰式で中国と日本の国旗が落下トラブル
  5. 夏の高校野球 準決勝見どころ 実力十分の大阪桐蔭と済美

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです