メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

【日本-スウェーデン】】激しいタックルをかわして突進する永易雄(左)=丸山博撮影

 車いすラグビーの国際対抗戦「ジャパンパラウィルチェアーラグビー競技大会」が24日、千葉市の千葉ポートアリーナで開幕した。日本のほか、英国、スウェーデン、フランスの4カ国が出場。24日は予選リーグが行われ、日本はスウェーデンを57-29、フランスを47-45で降し、好スタートを切った。

    連係不足でミスも

     ○…2年後の東京大会で金メダルを目指す日本は今年8月の世界選手権を見据え、プレーする4人についてさまざまな組み合わせを試した。エース的な存在の池崎やスピードのある島川といった世界トップクラスの選手に加え唯一の女子である倉橋も投入。2連勝と結果は出したが、連係不足からパスミスなどが目立ち、オアー監督は「スタープレーヤーとのギャップを埋めるかが大切。内容には満足していない」とチーム全体の底上げの必要性を強調した。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
    2. 高校野球 練習試合で頭に死球、熊本西高の生徒が死亡
    3. 日産 ゴーン会長を解任へ 「会社資金を私的に流用」
    4. ゴーン会長逮捕 日産社長「私的流用、断じて容認できない」 会見詳報(1)
    5. 日産会長逮捕 再建神話、地に落ち 社員に衝撃と動揺

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです