メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

財政健全化

中間目標に三つの新指標 規律緩む恐れも

 政府は6月に策定する新たな財政健全化計画で、計画の進捗(しんちょく)状況を評価する中間目標として三つの指標を設定する方針を固めた。従来計画の中間目標の指標は一つだったが、これを拡充する。経済成長や将来の金利上昇などに目配りする狙いだが、目標は甘めの設定になる見通しで、財政規律が緩む恐れもある。

 新たな健全化計画では2025年度に基礎的財政収支(プライマリーバランス=PB)の黒字化を目指すことを盛り込む方針。21年度に中間的な目標を設定し、計画の進捗状況を検証する。

 中間目標では(1)国と地方の債務残高の国内総生産(GDP)比を180%台前半(2)PB赤字のGDP…

この記事は有料記事です。

残り420文字(全文705文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  2. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に
  3. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  5. 防衛省 自衛官定年延長へ 少子化で応募減 年内に決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです