メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

自動車、最大25%の追加関税の検討指示

 【ワシントン清水憲司、北京・赤間清広】米政府は23日、自動車・同部品を対象に追加関税などの輸入制限を発動する検討に入った。米通商拡大法232条に基づき調査し、輸入急増が「国家安全保障上の脅威」と判断すれば発動する。米メディアによると、トランプ大統領は最大25%の追加関税の検討を指示した。世界的な貿易摩擦を引き起こしかねず、対米輸出が多い日本など各国から一斉に批判の声が上がっている。

 トランプ大統領は23日の声明で「自動車・同部品のような中核産業は、国家としての強さに不可欠だ」と述…

この記事は有料記事です。

残り582文字(全文825文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  4. 徴用工判決 韓国紙、評価割れ「正義」「韓日関係に台風」
  5. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです