メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

自動車、最大25%の追加関税の検討指示

 【ワシントン清水憲司、北京・赤間清広】米政府は23日、自動車・同部品を対象に追加関税などの輸入制限を発動する検討に入った。米通商拡大法232条に基づき調査し、輸入急増が「国家安全保障上の脅威」と判断すれば発動する。米メディアによると、トランプ大統領は最大25%の追加関税の検討を指示した。世界的な貿易摩擦を引き起こしかねず、対米輸出が多い日本など各国から一斉に批判の声が上がっている。

 トランプ大統領は23日の声明で「自動車・同部品のような中核産業は、国家としての強さに不可欠だ」と述…

この記事は有料記事です。

残り582文字(全文825文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 じわり広がる不満、圧勝逃す 「安倍1強」転換点
  2. プロ野球 セ・リーグ全日程終了危機 阪神残りは18試合
  3. 自民総裁選 伸びぬ党員票「打ち上げではない。反省会だ」
  4. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  5. 安倍政権 麻生氏、菅氏ら留任へ 「次の国会に改憲案」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです