メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京大

iPS細胞で「ヘルパーT細胞」の機能

 京都大iPS細胞研究所の金子新准教授らのグループは、がん細胞を攻撃する免疫細胞「キラーT細胞」を活性化する「ヘルパーT細胞」の能力を持つ細胞を、ヒトの人工多能性幹細胞(iPS細胞)から作製したと発表した。ヘルパーT細胞はさまざまな種類のキラーT細胞を活性化するため、幅広いがん細胞の攻撃につながる。がん患者の免疫機能の強化や治療への応用が期待できるという。成果は25日、米科学誌「ステム・セル・リポーツ」電子版に掲載される。

 グループはまず、ヒトの血液中にあるヘルパーT細胞からiPS細胞を作製し、そこにヘルパーT細胞特有の遺伝子を導入した。このiPS細胞を抗原(異物)で刺激すると、ヘルパーT細胞と同様の物質を分泌していることと、キラーT細胞を活性化していることを確認した。

 血液のがんである白血病の細胞を移植した免疫不全マウスに対し、この活性化されたキラーT細胞を移植すると、がん細胞の増殖が抑えられ生存率が向上したという。【菅沼舞】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
  2. ゴーン会長逮捕 日産社長「私的流用、断じて容認できない」 会見詳報(1)
  3. 全国高校サッカー 県大会 西京、5年ぶり全国切符 高川学園の猛攻しのぐ /山口
  4. 高校野球 誤審で甲子園行き明暗…終了一転逆転 岡山大会
  5. 日産 ゴーン会長を解任へ 「会社資金を私的に流用」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです