メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南光の「偏愛」コレクション

人形浄瑠璃文楽 首担当・村尾愉さんとのトーク拡大版

人形の手足は人形遣いの自前だが、特殊なものは劇場で制作することもある。村尾愉さん(左)と桂南光さんが手にするのは鬼の手=大阪市中央区で2018年4月25日、菅知美撮影

 喜怒哀楽の繊細な感情を表現する人形浄瑠璃文楽の首(かしら)は、国立文楽劇場に勤務する職人さんの手で、守り、作られています。文楽ファンの桂南光さんは、今回初めて職人さんの仕事場を訪問。劇場の首担当・村尾愉(たのし)さんに、その仕事の喜びや苦労を聞きました。【構成・山田夢留】

【首担当のお仕事】

桂南光 首担当ってどういうお仕事なんですか。

村尾愉 基本的には舞台前の準備です。汚れを落として、演目が変わる度に役が変わるので、それに応じて色を…

この記事は有料記事です。

残り4310文字(全文4528文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌市が水道料金6140万円と誤通知 本来の6696円の9100倍
  2. 原料に金属か、ロッテとブルボン菓子回収 宇部興産設備で破損、影響拡大
  3. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛
  4. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  5. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです