メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

的川博士の銀河教室

501 宇宙時代の意味を考える/下 第2期の宇宙時代へ

 「スプートニク」の打ち上げで始まり、アポロ計画で最高潮に達した20世紀の人類の「宇宙時代」の特徴(とくちょう)は、「宇宙進出の開始」と言うことができるでしょう。そして宇宙という独特の位置(地上を広く見渡(みわた)せるなど)と環境(かんきょう)(真空・無重力など)を、人類は科学・生活・政治など多方面に役立ててきています。

 20世紀末には、国際宇宙ステーション(ISS)の建設が開始され、10年以上をかけて完成しました。複…

この記事は有料記事です。

残り1269文字(全文1480文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ペイペイ、「100億円あげちゃうキャンペーン」を13日で終了
  2. 富田林署逃走その夜、留置場の当番警官「スマホでアダルト番組も見てた」
  3. QRコード決済 ソフトバンク系ペイペイ、「奪首」へ100億円還元 競争激化
  4. イスラエル空軍 F35戦闘機、世界で初めて実戦使用
  5. はやぶさ2 リュウグウの新画像公開 小型探査ロボが撮影

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです