メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イラン

核合意5カ国に貿易保護策要求 米離脱後初協議

 【ウィーン三木幸治】イランと核合意を結んだ5カ国(英仏独中露)による合同委員会が25日、ウィーンで開かれた。米国の核合意離脱後、当事国による初の協議となり、参加国は合意の維持を目指すことで一致。ただイランは5カ国に対し、イランへの貿易保護策を今月中に作成するように圧力をかけ、早期の事態収拾を図りたい意向を示した。

 イランのアラグチ外務次官は会談後、記者団に、イランが核合意を順守していることを強調し、「イランは経…

この記事は有料記事です。

残り200文字(全文408文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  2. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
  3. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  4. 大相撲秋場所 さらばロシアの巨漢 大露羅、引退を表明
  5. 北九州 マンションで女性4人死亡、自殺か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです