メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

eye

見つめ続ける・大震災 孫娘「百姓やる」 ばあちゃん「たまげた」 一緒に田植え、にぎわい再び 福島・南相馬

 5月中旬、福島県浜通りの山あいに位置する南相馬市鹿島区上栃窪地区。長い髪を後ろに束ね、膝上まである長靴を履いた遠藤亜美さん(20)は、田植え機のハンドルとギアレバーを慎重に握る。その様子をまぶしそうに見つめるのは祖母、真洲子さん(74)。「亜美が『百姓やる』って言い出したのにはたまげた」と振り返る。

 亜美さんが中学1年だった7年前、東日本大震災と東京電力福島第1原発事故で、地域の風景が変わった。南…

この記事は有料記事です。

残り681文字(全文882文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  4. 徴用工判決 韓国紙、評価割れ「正義」「韓日関係に台風」
  5. BTS 絶叫、すすり泣き…騒動の渦中、コンサートでは何が 会場外ではファン批判演説

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです