メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

eye

見つめ続ける・大震災 孫娘「百姓やる」 ばあちゃん「たまげた」 一緒に田植え、にぎわい再び 福島・南相馬

 5月中旬、福島県浜通りの山あいに位置する南相馬市鹿島区上栃窪地区。長い髪を後ろに束ね、膝上まである長靴を履いた遠藤亜美さん(20)は、田植え機のハンドルとギアレバーを慎重に握る。その様子をまぶしそうに見つめるのは祖母、真洲子さん(74)。「亜美が『百姓やる』って言い出したのにはたまげた」と振り返る。

 亜美さんが中学1年だった7年前、東日本大震災と東京電力福島第1原発事故で、地域の風景が変わった。南…

この記事は有料記事です。

残り681文字(全文882文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相検討 甘利氏、党要職起用へ 2日に閣僚認証式
  2. みんなの広場 「満員御礼」幕の下に空席が=小学校非常勤講師・岩代孝一・60
  3. 広島・原爆資料館 本館メイン展示に「3日後の少女写真」
  4. 広島原爆 「鉛のような味がした」エノラ・ゲイ搭乗員証言
  5. 関東大震災 体験談伝える 地割れ、津波…「怖さ忘れない」 /神奈川

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです