メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

丹下日出夫のズバッと

G1 東京10R・日本ダービー (日曜競馬)

能力断然、ブラストワンピース

 混戦ダービーの優勝ピースは、ブラストワンピースが埋める。東京1800メートルの新馬から破格だった。上がり3ハロン33秒3(推定11秒6-10秒8-10秒9)という出色のラップをマーク。続くゆりかもめ賞はやや重馬場ながらレースの上がりを1秒4も上回る34秒0で圧勝。目標のダービーに向け、成長度合いや賞金加算を考慮して毎日杯をステップに選んだが、ここも1分46秒5、上がり33秒9という歴代3番目の走破時計で快勝した。走るたびに肌艶がよくなり、シルエットも進化しているのがわかる。好枠8番、度…

この記事は有料記事です。

残り392文字(全文652文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  4. 徴用工判決 韓国紙、評価割れ「正義」「韓日関係に台風」
  5. BTS 絶叫、すすり泣き…騒動の渦中、コンサートでは何が 会場外ではファン批判演説

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです