メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

不妊手術 県が関連資料調査へ 医療機関など1771カ所 /三重

 旧優生保護法下で障害者らに強制不妊手術が行われた問題で、県は25日、県内の市町や医療機関、障害者施設などを対象にカルテなどの関連資料の有無を照会する調査を実施すると発表した。厚生労働省は都道府県を通じて医療機関などに関連資料の保全を依頼しており、鈴木英敬知事は「個人を特定する資料があるのか、しっかり確認し、国の方針が決まった時に即座に対応できる態勢を整える」としている。

 調査対象は、県内29市町の母子保健、障害福祉の担当課▽県や市などの福祉事務所19カ所▽歯科を除く全…

この記事は有料記事です。

残り267文字(全文504文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  3. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  4. 仙台・警官刺殺 刃渡りは20cm 「現金拾った」と訪問
  5. 仙台・警官刺殺 死亡の男は21歳大学生

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです