メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米朝首脳会談

「まだ可能性」 トランプ大統領、交渉継続明言

 【ワシントン高本耕太、ソウル渋江千春】トランプ米大統領は6月12日に予定されていた米朝首脳会談の中止に踏み切り、北朝鮮に完全な非核化を迫る姿勢を強めている。一方で、トランプ氏は25日、ホワイトハウスで記者団に「彼らも我々も(会談を)望んでいる。12日開催の可能性はまだある」と述べ、首脳会談に向けた両国間の交渉チャンネルが再開していることも明らかにした。硬軟両様の対応で、金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の出方を見極める方針だ。

 朝鮮中央通信によると、北朝鮮は25日、金桂冠(キムゲグァン)第1外務次官の名義で談話を発表し、「関…

この記事は有料記事です。

残り684文字(全文953文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  2. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  3. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  4. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
  5. 国語世論調査 「存亡の危機」83%が使用 「新語で苦労」55% 16年度

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです