メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

知恵絞り生産性向上を=東短リサーチ・チーフエコノミスト 加藤出

 経済協力開発機構(OECD)調査の労働者1人あたりの年間平均労働時間(2016年、35カ国)を見ると、日本は上から21位の1713時間だ。“隠れ残業”があるなら実態はより長いかもしれない。

 最も労働時間が短いのはドイツでわずか1363時間だ。デンマーク、ノルウェー、オランダが続き、1400時間台である(これらの国で“隠れ残業”は基本あり得ない)。一昨年デンマークに行ったが、訪問先のスタッフが午後4時を過ぎるとどんどん帰っていくのには驚かされた。

 日本人として悲しくなるが、この4カ国の1人あたりの実質国内総生産(GDP、購買力平価によるドル換算…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿・歌舞伎町のビルで発砲 男性が死亡 容疑者は逃走
  2. 防衛省 にじみ出る不快感 レーダー照射問題
  3. 世界経済・見て歩き 仏・フラン ルノー工場 ゴーン流、うんざり トイレは2回、過酷さに悲鳴
  4. 韓国国防省、探知音は「実体が分からない機械音」 レーダー照射問題
  5. レーダー照射「あとは引き金引くだけ」 政府に強い衝撃、日韓悪化避けられず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです