メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

在宅介護と仕事の両立への不安を抱える会社員と面談する産業ケアマネジャーの長田裕美子さん=東京都世田谷区の東京海上日動ベターライフサービスで

 介護と仕事の両立に悩んでの退職。本人だけでなく、ベテラン従業員を失う企業にもデメリットだ。介護保険だけでなく企業の人事制度にも詳しい専門家の相談窓口を用意する企業が出てきた。

 ●電話で個別相談も

 東京海上日動火災保険(東京都千代田区)は社員向けの両立支援策の一つとして、「産業ケアマネジャー」(産業ケアマネ)による個別相談を用意している。関連会社の東京海上日動ベターライフサービス(BLS)が2016年11月、自社や契約企業向けに始めた。国が定める主任ケアマネジャーや、日本ケアマネジメント学会の認定ケアマネジャーの資格に加え、同社の相談援助技術などの試験に合格した人が、訪問や電話で相談に乗る。地域包括支援センターや民間介護事業者に属するケアマネとは異なり、企業制度に精通しているのが特徴だ。

 ケアマネは要介護者を第一に考えてケアプラン作成の相談に乗る。一方、産業ケアマネは仕事を持つ介護者の…

この記事は有料記事です。

残り1957文字(全文2355文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 今日から俺は!! “敵役”に城田優、中村倫也、須賀健太ら メインゲスト11人を一挙発表 
  2. 女の気持ち 定年を前に 埼玉県日高市・井上しず江(大学職員・64歳)
  3. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  4. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
  5. 最年少町長3カ月 2児の母過疎地で奮闘「めげない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです