メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

競馬

引退馬の余生、若い馬がレッスン料で支える

 昨年4月、岐阜県土岐市にオープンした乗馬クラブ「エクイヴィラ」には、引退した競走馬など12頭が暮らす。代表の芦沢博之さん(49)は、高齢で働けなくなった馬の餌代を若い馬がレッスン料で稼ぐ仕組みを作り、多くの馬に寿命を全うさせたいと奮闘している。

 東京にあった日本中央競馬会(JRA)の研究所で働いた後、埼玉県や長野県などの乗馬クラブで指導員として勤務した芦沢さんには、忘れられない光景がある。

 15年ほど前、愛知県日進市のクラブにやってきた元競走馬。金色のたてがみが美しかったが10歳を過ぎて…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  2. 佳子さまがICU卒業 「充実した学生生活に感謝」
  3. 乳がん さいたま出身の54歳北村さん、自らの体験出版 ありのままの大切さ思い 術前と術後の写真掲載 /埼玉
  4. 札幌で雪 冬に逆戻り 24日まで気温低く
  5. 女性用アダルトグッズ、百貨店で好評 展開仕掛ける女性広報の思い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです