メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米朝会談中止

「リビア方式」で解釈の違い

米朝首脳会談の中止を発表するトランプ米大統領=米ホワイトハウスで2018年5月24日、ロイター

 【ワシントン会川晴之】トランプ米大統領が24日、北朝鮮との首脳会談中止に踏み切ったのは、北朝鮮との意思疎通がうまくとれなかったからだ。最大の障害は、ボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)らが主張した「リビア方式」という非核化の手法をめぐり、米朝双方の解釈の違いが際だったことだった。

 リビアのカダフィ政権は2003年12月、米英の圧力を受け核兵器や化学兵器、弾道ミサイルなどの大量破壊兵器の一括放棄に応じ、その後に制裁解除を取り付けた。ボルトン氏は当時の担当国務次官。カントリーマン元国務次官代行は取材に「成功体験を北朝鮮にも採用しようと考えたのだろう」と解説する。

 北朝鮮は少しずつ状況を変えて、抵抗を少なくする「サラミ方式」と呼ばれる手法により、体制保証や経済支…

この記事は有料記事です。

残り909文字(全文1246文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  4. 徴用工判決 韓国紙、評価割れ「正義」「韓日関係に台風」
  5. BTS 絶叫、すすり泣き…騒動の渦中、コンサートでは何が 会場外ではファン批判演説

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです