メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲夏場所

栃ノ心が初黒星 鶴竜と並ぶ

正代(右)が引き落としで栃ノ心を破る=東京・両国国技館で2018年5月25日、玉城達郎撮影

 大相撲夏場所13日目は25日、大関昇進を確実にした関脇・栃ノ心が平幕の正代に不覚を取って初黒星。横綱・鶴竜は重い逸ノ城を寄り切り、1敗を守った。横綱・白鵬は勢を退け、2敗で優勝争いに残った。小結・御嶽海が勝ち越しを決めた。

     力士ひとこと

     ○御嶽海 (勝ち越しは)第1目標だった。あと2日間、けがのないように自分の相撲を取りたい。

     ●照ノ富士 (初日に比べれば相撲はよくなっているかと聞かれ)それはない。あったら勝っている。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
    2. 高校野球 誤審で甲子園行き明暗…終了一転逆転 岡山大会
    3. 全国高校サッカー 県大会 西京、5年ぶり全国切符 高川学園の猛攻しのぐ /山口
    4. ゴーン会長逮捕 日産社長「私的流用、断じて容認できない」 会見詳報(1)
    5. 高校野球 練習試合で頭に死球、熊本西高の生徒が死亡

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです