メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いのちのほとりで

/2 限られた時間 語り合い成長 再発がん「集団精神療法」

がん再発患者に向き合う大西秀樹教授=埼玉県日高市の埼玉医大国際医療センターで、滝野隆浩撮影

 埼玉医大国際医療センター(埼玉県日高市)のがん再発患者に対する集団精神療法の会に、私は今年初めから通い続けてきた。精神腫瘍医の大西秀樹教授(58)と臨床心理士の石田真弓講師(38)が始めた全国的にも珍しい先進的な取り組み。そこでは、命の時間が限られていることを知る患者たちが、にもかかわらず、日常生活の何気ないことに希望を感じながら生きていることを知った。

この記事は有料記事です。

残り3594文字(全文3773文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. みんなの広場 「満員御礼」幕の下に空席が=小学校非常勤講師・岩代孝一・60
  2. 首相検討 甘利氏、党要職起用へ 2日に閣僚認証式
  3. 広島・原爆資料館 本館メイン展示に「3日後の少女写真」
  4. 広島原爆 「鉛のような味がした」エノラ・ゲイ搭乗員証言
  5. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです