メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もとをたどれば

メニコン 「目にコンタクトを」独学で開発

メニコンのロゴマーク(同社提供)

 黒目だけを覆う「角膜コンタクトレンズ(CL)」の開発に日本で初めて成功し、CL普及の礎を築いてきたメニコン。「目にコンタクトを」という思いが社名の由来だ。

 1950年、創業者の田中恭一氏(86)=現会長=が丁稚(でっち)奉公として働く名古屋市内の眼鏡店に、日本では珍しかったCLを持つ米軍の将校夫人が来店した。「見せてほしい」と懇願したが、「壊れたら大変」と断られた。田中氏は「米国人に作れて日本人に作れないはずはない」と奮起。自分の目を観察して図面を作り、アクリル樹脂を削っては…

この記事は有料記事です。

残り363文字(全文604文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  4. 徴用工判決 韓国紙、評価割れ「正義」「韓日関係に台風」
  5. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです