メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

囲碁・将棋スペシャル

将棋 C級2組 藤井、最年少で七段 タイトル戦登場の期待も

七段昇段を決めた藤井聡太七段=大阪市福島区の関西将棋会館で18日、木葉健二撮影

 <第76期順位戦C級2組 藤井聡太四段(当時)VS梶浦宏孝四段>

 藤井聡太が七段に昇段した。15歳9カ月での七段は、加藤一二三九段が保持していた17歳3カ月を抜いて、61年ぶりに最年少記録を更新した。ここでは、五段昇段となった2月1日の順位戦C級2組9回戦、梶浦宏孝四段(22)との将棋を紹介しよう。

 梶浦の誘導で相掛かりに。序盤は梶浦が主導権を握っていたが、中盤から藤井が好手を連発して追い上げ、終…

この記事は有料記事です。

残り1242文字(全文1443文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夏の高校野球 報徳学園が8強一番乗り 愛工大名電降す
  2. 阿波踊り どうして対立印象づける悪循環に陥ったのか
  3. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬
  4. 日大チアパワハラ 「学校の恥」「ずる賢いばか」暴言次々
  5. 夏の高校野球 浦和学院、二松学舎との関東対決制し8強

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです