メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲夏場所

鶴竜、1敗対決制す

【大相撲夏場所14日目】鶴竜(左)が栃ノ心をすくい投げで降す=東京・両国国技館で2018年5月26日、丸山博撮影

14日目(26日・両国国技館)

 横綱・鶴竜が関脇・栃ノ心との1敗対決を制し、自身初の連覇に王手をかけた。横綱・白鵬は関脇・逸ノ城の上手投げに屈して3敗に後退し、優勝の可能性が消滅した。逸ノ城は三役で2場所連続の勝ち越しを決めた。

 27日の千秋楽は、ただ一人2敗の栃ノ心が勢に敗れれば、鶴竜の5回目の優勝が決まる。栃ノ心が勝ち、結びで鶴竜が白鵬に敗れた場合は、2敗同士の優勝決定戦になる。

 この日から、十両の朝弁慶が休場し、今場所の十両以上の休場者は、再出場した者を含め8人になった。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 稀勢の里引退会見「土俵人生に一片の悔いもない」
  2. 過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称
  3. 新潟 NGT山口真帆 暴行被害5つの「なぜ」 騒動謝罪から一夜、広がる波紋(スポニチ)
  4. 海外高級住宅購入、ヨットクラブ会費・・・ゴーン前会長の私的流用が次々判明 日産内部調査で
  5. ORICON NEWS 純烈リーダー・酒井、友井に会う可能性を否定「あいつは僕の中で死にました」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです