メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

愛知・大府市

公文書で「徘徊」使わず 「認知症理解深めて」

 愛知県大府市の岡村秀人市長は25日、市の公文書などで「徘徊(はいかい)」という言葉を使わず、「一人歩き」などに言い換えると表明した。認知症への偏見をなくす狙いで、広く理解を呼びかけるという。

 徘徊には目的もなくうろつくという意味があるが、認知症でもその人なりの目的や理由がある場合が多く、徘徊と呼ぶことで「外出は危険だ」と本人や家族を苦しめる偏見…

この記事は有料記事です。

残り261文字(全文435文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 千葉県警 小学生女児に強制性交の疑い 教諭を逮捕
  2. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  3. ORICON NEWS 石塚運昇さん死去、「ポケモン」オーキド博士後任は未定 10月1週目放送まで収録済み
  4. 兵庫・ダム遺体 大阪の男2人逮捕 死体遺棄容疑
  5. 夏の高校野球 金足農サヨナラ2ランスクイズ 近江を降す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです