メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

生きる

小児がん征圧キャンペーン デビュー20年、川畠さん熱演

川畠成道さん(右端)と、佐藤勝重さん(右から3人目)=東京都千代田区の紀尾井ホールで2018年5月26日午後3時10分、手塚耕一郎撮影

 世界的なバイオリニストの川畠成道さん(46)が26日、東京都千代田区の紀尾井ホールで「グランドファミリーコンサート2018」(毎日新聞社後援)を開き、小児がんを経験した子どもや家族約50人を招待した。収益の一部を小児がん征圧募金に寄託する。

 川畠さんは幼少期に薬の副作用で視覚障害を負った後、10歳でバイオリンを始め、今年がデビュー20年。チャリティー活動にも積極的に取り組んでいる。

 この日は、ピアニストの佐藤勝重さん(44)と、グリーグの「バイオリン・ソナタ第3番」などを演奏し、…

この記事は有料記事です。

残り250文字(全文493文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 兵庫・篠山市 「丹波篠山市」変更が賛成多数 住民投票
  2. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  3. 鹿児島高1自殺 「かばんに納豆巻き、いじめあった」認定
  4. 砂川判決 多数説起案の「入江メモ」発見 自衛権の範囲踏み込まず
  5. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです