メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ピリ辛マグロ丼

さっと混ぜるだけで栄養たっぷり 調理時間10分 1人分454キロカロリー

 ◆材料(2人分)

    マグロ赤身(さくまたは切り落とし)………200グラム

    スプラウト類……………30グラム

    (写真ではブロッコリースプラウトとレッドキャベツスプラウトを使用)

    おろしニンニク…………少量(チューブのニンニクでも可)

    コチュジャン……………大さじ1

    しょうゆ…………………大さじ1

    ごま油……………………大さじ1

    ごはん……………………丼2膳分

    白ごま……………………適量

     ◆作り方

    <1>おろしニンニク、コチュジャン、しょうゆ、ごま油を混ぜる。

    <2>マグロ(さくの場合、1.5センチ角に切る)を(1)であえる。

    <3>根付きのスプラウトを使う場合、根を切り落とす。

    <4>器にごはんを盛り、(2)と(3)をのせてごまを散らす。

    一口メモ

     火を使わず、時間をかけずに作れる丼ものは、暑くなるこれからの時期におすすめです。

     マグロにはたんぱく質のほか、鉄、亜鉛などのミネラルが含まれています。スプラウトは発芽したばかりの野菜の新芽のことで、貝割れ菜など、さまざまな種類があります。多くのビタミンやミネラルが凝縮されていて栄養を効率よく摂取できる便利な食材です。<料理家・管理栄養士/大島菊枝 ライター/市原淳子 撮影/丸山博 コーディネート/グラムスリー>

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 堺・男性殺害 逮捕の姉、事件前に「練炭自殺」検索
    2. 大阪震度6弱 最先端の電子顕微鏡が損傷 大阪大
    3. 受動喫煙対策 それでも先生か がん患者に「いいかげんにしろ」 自民議員、規制巡り 衆院厚労委、参考人陳述
    4. 大阪震度6弱 市長、ツイッターで「全校休校」 現場混乱
    5. 札幌 弁当工場でガス漏れか 従業員5人を病院に搬送

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]