メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アメフット

関学大、捜査機関での究明希望

 アメリカンフットボールの日本大と関西学院大の定期戦(6日、東京)で日大の宮川泰介選手(20)の悪質な反則タックルにより関学大選手がけがをした問題で、関学大の鳥内秀晃監督(59)と小野宏ディレクター(57)、負傷した選手の父の奥野康俊・大阪市議(52)が26日、兵庫県西宮市の関学大で記者会見を開き、抗議文に対する日大アメフット部の再回答書(24日付)を公表した。日大の内田正人前監督(62)について「選手に反則行為を促すような指示や言動は確認できない」とした内容で、関学大は回答に誠意がないとして、今年まで51回続いた定期戦を「十分な信頼関係を取り戻すまで中止する」と発表した。

 関学大は日大の第三者委員会、関東学生アメフット連盟の規律委員会などによる究明を求めつつ、両委員会の…

この記事は有料記事です。

残り417文字(全文757文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 元AKB48・高城亜樹&J1サガン鳥栖・DF高橋祐治が結婚発表「明るく穏やかな家庭を」
  2. レオパレス21 切れる冷房、入居者ブチ切れ 苦情6、7月急増 「節電」自動停止、撤回
  3. 建築確認の死角 レオパレス物件不良 
  4. 勤務医の残業上限時間「2000時間」に批判相次ぐ 厚労省有識者検討会
  5. 「非正規に励み」「画期的な判決」 ボーナス不支給違法判断、大阪高裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです