メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アメフット

関学大、捜査機関での究明希望

 アメリカンフットボールの日本大と関西学院大の定期戦(6日、東京)で日大の宮川泰介選手(20)の悪質な反則タックルにより関学大選手がけがをした問題で、関学大の鳥内秀晃監督(59)と小野宏ディレクター(57)、負傷した選手の父の奥野康俊・大阪市議(52)が26日、兵庫県西宮市の関学大で記者会見を開き、抗議文に対する日大アメフット部の再回答書(24日付)を公表した。日大の内田正人前監督(62)について「選手に反則行為を促すような指示や言動は確認できない」とした内容で、関学大は回答に誠意がないとして、今年まで51回続いた定期戦を「十分な信頼関係を取り戻すまで中止する」と発表した。

 関学大は日大の第三者委員会、関東学生アメフット連盟の規律委員会などによる究明を求めつつ、両委員会の…

この記事は有料記事です。

残り417文字(全文757文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初
  2. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  3. 上戸彩 娘とTikTokにハマり中 動画撮影にも挑戦
  4. フィギュアGP 羽生SP首位、世界最高得点で ロシア杯
  5. 質問なるほドリ 5Gどんな通信? 動画も超高速ダウンロード 自動運転支える=回答・森有正

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです