メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲夏場所

栃ノ心 痛恨の連敗…前日の手首負傷でぶつかり稽古できず(スポニチ)

大相撲夏場所14日目(2018年5月26日 両国国技館)

 首位の座を明け渡した栃ノ心は土俵にはいつくばったまま、右こぶしを叩きつけた。鶴竜に懐に入られた。両上手は取ったが、頼みの右は1枚まわし。伸びきった。これでは力がでない。強引な上手投げを、すくい投げで返された。「あまり覚えていない」。目はうつろで目頭は赤くなっていた。

     敗れた前日の正代戦で右手首を痛め、この日朝、病院へ。「大丈夫」と強がったが、朝の日課、ぶつかり稽古もできなかった。それでも鶴竜とは1差。逆転Vをかける千秋楽に、阿武松審判部長(元関脇・益荒雄)は大関昇進を審議することを明言。栃ノ心は「気合入れて思い切っていきます」と、力を込めた。(スポニチ)

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
    2. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴
    3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
    4. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
    5. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです