メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米大リーグ

エンゼルス・大谷、ヤンキース・田中に2三振

 【ニューヨーク共同】米大リーグで投打の「二刀流」に挑むエンゼルスの大谷翔平(23)が27日、ニューヨークのヤンキースタジアムで行われたヤンキース戦で4番・指名打者として田中将大(29)とメジャーで初めて対戦し、2三振、1四球と3打席で安打はなかった。

 ヤンキースは3-1で勝ち、先発登板した田中が6回を3安打1失点、8三振を奪う力投で今季6勝目(2敗)を挙げた。大谷はプロ野球・日本ハムで新人だった2013年に楽天時代の田中と対戦し、計11打数無安打に封じられている。

この記事は有料記事です。

残り453文字(全文688文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  2. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  3. 拉致問題 「めぐみちゃん」心の支え 横田滋さん入院生活
  4. 女の気持ち 定年を前に 埼玉県日高市・井上しず江(大学職員・64歳)
  5. Dr.北村が語る現代思春期 危険な「セクスティング」 削除できない性的画像

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです