メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウラから目線

「フェア」を考える=福本容子

 「例えばラグビーで今この敵の頭を蹴っていったならば勝てるというような場合、ちょっと待て、それはきたないことだ、と二律背反の心の葛藤を自分でコントロールできること、これがスポーツの最高の教育的価値ではないか」

 元ラグビー日本代表監督で元早大教授の故大西鉄之祐さんが名著「闘争の倫理」に記している。

 フェアであることとルールを守ることの違いにこだわった指導者だ。他人が作るルールに対し、フェアというのは、自分の人間性によって、遭遇した場面で瞬時に善いことを選べることだと説いた。そしてそれができるように修練させるのがスポーツ教育なのだと。

この記事は有料記事です。

残り676文字(全文944文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゆるキャラ GPは志木の「カパル」 注目の四日市は3位
  2. 北海道 函館山ロープウェイ開業60周年 無料開放
  3. 兵庫・篠山市 「丹波篠山市」変更が賛成多数 住民投票
  4. 高校ラグビー 大阪第3地区は常翔学園に
  5. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです