メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウラから目線

「フェア」を考える=福本容子

 「例えばラグビーで今この敵の頭を蹴っていったならば勝てるというような場合、ちょっと待て、それはきたないことだ、と二律背反の心の葛藤を自分でコントロールできること、これがスポーツの最高の教育的価値ではないか」

 元ラグビー日本代表監督で元早大教授の故大西鉄之祐さんが名著「闘争の倫理」に記している。

 フェアであることとルールを守ることの違いにこだわった指導者だ。他人が作るルールに対し、フェアというのは、自分の人間性によって、遭遇した場面で瞬時に善いことを選べることだと説いた。そしてそれができるように修練させるのがスポーツ教育なのだと。

この記事は有料記事です。

残り676文字(全文944文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国から注文殺到 福島名物「ラヂウム玉子」ロゴ入りTシャツが人気
  2. わいせつ行為 児童9人に 小学教諭を懲戒免職に 県教委 /長崎
  3. 競馬・藤田菜七子はG1制覇ならず5着 フェブラリーステークス
  4. 時代の風 日本人の変わらぬ中国観 自国の立ち位置、直視を=城戸久枝・ノンフィクションライター
  5. 解決せぬ差別に失望 性同一性障害を持つ上田さん「時代はむしろ後退」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです